活動報告[report]

西陣帯地青年会 活動予定

西陣帯地青年会 活動報告

2017/04/16 西陣帯地青年会総会

平成29年4月16日。西陣帯地青年会総会が萬重にて執り行われました。総会に於いては平成28年度の諸報告、倉田新幹事長の挨拶、平成29年度の事業案、予算案が会員全員全会一致で採決されました。卒業会員は第60代幹事長の勝山龍一氏で今例会をもって卒業され、記念品が贈呈されました。懇親会では西陣織工業組合理事長、服部筆頭副理事長のご両名に御出席賜り、盛大に行われました。本年度は新入会員として河瀬満織物(株)河瀬悠馬氏が入会されました。

2016/04/15 平成28年度西陣帯地青年会総会・卒業例会

4月25日、西陣帯地青年会総会・卒業例会(於 萬重)を執り行いました。平成27年度の諸報告、竹次新幹事長の挨拶、新幹事の紹介が行われ、平成28年度の事業案、予算案が出席会員より全会一致で採決されました。卒業例会では河崎亜央氏(㈱紫幸織)、氏(瀬川織物㈱)のお二方からご挨拶を頂戴し、記念品が贈呈されました。また、懇親会では、来賓に西陣織工業組合渡邉理事長、服部筆頭副理事長のご両名にご出席賜り、盛大に行われました。残念ながら会員数は減少傾向にありますがより一層会員同士の団結を固め、各会員に有意義な会になる様、会員一同努力していこうと思います。

2016/02/20 『西陣帯地青年会 創立60周年記念講演会ならびに懇親会』

早春の候 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度2月20日、ブライトンホテルに於いて開催致しました西陣帯地青年会60周年記念講演会ならびに記念懇親会にご臨席賜りました、ご来賓の皆様方、歴代OBの先輩方、友好団体会員の皆様方には心より御礼申し上げます。今日、西陣帯地青年会が60周年を迎えられたのも、ひとえに皆々様の並々ならぬ温かいご支援の賜物と存じております。
設立60周年を迎え、西陣帯地青年会会員一同一丸となり西陣産地の抱える諸問題、課題に取り組み、西陣産地存続の具現化に務める所存でございます。まだまだ至らぬ点、未熟な面もございますが、今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

2015/04/14 総会

4月14日(火)料亭「天喜」にて、『平成27年度西陣帯地青年会総会』を 開催致しました。
会員9名が出席し平成26年度諸報告、勝山幹事長の挨拶の後、平成27年度 事業案・予算案が出席者全会一致で採決されました。
また懇親会では、来賓に西陣織工業組合理事長の渡邊様、副理事長の服部様の お二方をお招きし、盛大に行われました。
この場をお借り致しまして、お忙しい中ご出席を賜り厚く御礼申し上げます。
会員数が年々減少する中ではありますが、西陣織工業組合様、京都府、京都市、 先輩諸兄の方々をはじめ関係各位の皆様には、ご協力とご支援を賜りますよう よろしくお願い申し上げます。

2015/02/21 ~ 2015/02/22 西陣帯地青年会 研修旅行

平成27年2月21、22日の日程で西陣帯地青年会研修旅行を行いました。
静岡県を中心に静岡市内、浜松市内を中心に行動し、スズキ歴史博物館、芹沢銈介美術館、 久能山東照宮を巡り、ものづくりを支える情熱、また先人が歩んだ軌跡を辿りました。

2013/04/12 総会

4月12日(金)料亭「天喜」にて、『平成25年度西陣帯地青年会総会・卒業例会』を開催致しました。

会員12名が出席し、平成24年度の諸報告、大庭新幹事長の挨拶のあと、平成25年度事業案・予算案・会則変更案が出席者全会一致で採決されました。
また、卒業例会では昨年度まで当会に多大な貢献をしてこられました卒業会員の伊豆蔵雅貴様、仁木健司様に挨拶を頂戴し、記念品が贈呈されました。(中村直人様は当日お仕事のためご欠席されました)卒業会員の皆様、長い間本当にありがとうございました。

これからも、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。

その後、懇親会では来賓に西陣織工業組合理事長の渡邉様、副理事長の服部様のお二方をお招きし、盛大に行われました。この場をお借り致しまして、渡邊理事長様、服部副理事長様にはお忙しい中ご出席を賜り厚く御礼申し上げます。

今後とも、西陣織工業組合様、京都府、京都市、先輩諸兄の方々をはじめ関係各位の皆様には、ご協力とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2013/01/19 ~ 2013/01/20 西陣帯地青年会 研修旅行

平成25年1月19日~20日、愛媛県今治市、松山市に研修旅行に行きました。

初日は、日本一のタオル産地である今治の産地研修。渡辺パイル織物株式会社さまと大和染工株式会社さまへ訪問し、工場見学および企業の取り組みやブランディングの必要性をお話し頂きました。かつては隆盛を誇り、全国に名を轟かせていた今治でしたが、中国生産の廉価品の攻勢に遭い、10年前は瀕死の状態に追い込まれました。しかし、その後、官民一体となる「今治タオルプロジェクト」をスタートさせ、見事、産地として復活した経緯は目を瞠るものがあります。

二日目は、松山市内観光。前日夜の疲れを引きずりながらも松山城、坂の上の雲ミュージアム、道後温泉本館を観光し、日常と異なる雰囲気の中、会員相互の交流が図ることができました。

会員の社業への励みとなると同時に、同じ悩みを抱える西陣にとって、産地復活の一端を探る研修になったのではないかと思います。

2012/06/05 ~ 2012/06/11 西陣帯地青年会展

6月5日より11日まで、岡山の天満屋様にて『西陣帯地青年会展~結むすび~』を開催しました。
今回は、青年会展と同時に販売会を開催する初めての試みでしたが、大成功に終わりました。
会員同士だけでなく先方様との交流も深まり非常に有意義な催事を行えました。消費者様の生の声を聞くことにより今後の作品作りの参考になったと思います。

(坂本容一)

2012/04/11 総会

4月11日(水)天喜にて『平成24年度西陣帯地青年会総会』を開催致しました。

会員12名が出席し、平成23年度諸報告、坂本新幹事長の挨拶のあと、平成24年度事業案・予算案が出席者全会一致で採決されました。

その後の懇親会では来賓に西陣織工業組合副理事長の服部様をお招きし、盛大に行いました。
この場をお借り致しまして、服部副理事長様にはお忙しい中出席を賜り厚く御礼申し上げます。

会員数が年々減少する中、西陣織工業組合様、京都府、京都市、先輩諸兄の方々をはじめ関係各位の皆様には、今後ともご協力とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2012/01/14 西陣帯地青年会 研修旅行

平成24年度、研修交流旅行と致しまして、1月14・15日の1泊2日で徳島県、香川県へ行って参りました。

1日目、紹介頂いた古庄藍染處では、無形文化財技術保持者である古庄紀治氏より、阿波藍染めの製作工程等解説頂きました。午後からは東山魁夷せとうち美術館にて絵画を鑑賞。 2日目、フェリーにて女木島にて洞窟内アート見学。午後から鳴門ガレの森美術館、徳島大塚国際美術館にてそれぞれ美術作品、絵画等を鑑賞致しました。
スケジュール的にタイトではありましたが、上記、いずれの施設におきましても、充実した研修を図ることができました。社会情勢も厳しく、また仕事等ご多用の中、今回、9名の参加を頂きました。

研修旅行を通じ、旅行ならではの、普段得ることの出来ない、研修や会員相互の交流は、大変有意義なものとなり、また思い出深いものであったと思います。(竹次景太朗)

2011/10/29 国民文化祭オープニングパレード

2011/08/26 西陣帯地青年会OB納涼会

平成23年8月26日(金)に西陣帯地青年会OB様との交流も含めて上七軒歌舞練場ビアガーデンにて納涼会を開催いたしました。

現役会員10名、OB12名のあわせて22名参加していただき、55周年事業の報告と我々世代と先輩方を通して意見交換など行い、盛況に終わりました。後会にも引き続き多くの先輩方にご参加頂き非常に楽しい時を過ごす事ができました。(坂本容一)

2011/08/06 第34回 京の夏祭り 京都染織青年団体協議会

平成23年8月6日(土)7日(日)、鴨川河川敷西側(三条~四条間)にて、京都染織青年団体協議会による第34回京の夏まつりに参加しました。 昨年より京都府・京都市共催での観光イベント「京の七夕」に合わせての開催となり、今年は浴衣客動員企画としてアカペラグループINSPi(インスピ)のライブを実施したお陰で、 来場者数は過去最大となりました。加えて、毎年恒例の鴨川内で行う友禅流しファンタジーを両日開催、うち初日は友禅流し体験を実施し、好評を博しました。 また、友禅型染体験エコバッグ製作および無料浴衣レンタルも予定分を早々に終了し、来場者への和装振興に貢献しました。

西陣帯地青年会は啓発ブースに、おはじき投げおよび和装小物・西陣織端布販売で4年ぶりの出店を果たしました。各日、浴衣姿で8名の参加の元、休む間もないほど盛況で、売上も予定を大きく上回る結果に終わりました。

また、両日、同年春に起こった東日本大震災に対する義援募金を参加8団体のブースにて募集、呼びかけをINSPiのメンバーにも参加して頂いたお陰で総額10万円弱を日本赤十字社に寄付させていただきました。(大庭左由夫)

加盟企業一覧

  • 吉村織物(株)
  • (株)都
  • 弥栄織物(株)
  • 河村織物(株)
  • ヤマキ織物(株)
  • 田中義織物
  • 高山工房
  • 華翔苑
  • 田中伝機業店
  • (株)西陣まいづる
  • (有)帯屋捨松
  • 河瀬満織物株式会社